キャブレター、フロートチャンバー、ベンチュリー豆知識

自動車やオートバイなどのガソリンエンジンは回転数をコントロールするキャブレターがついています。
これは燃料と空気を混合させその吸入量を調整してエンジンの回転数をコントロールするのです。燃料はフロートチャンバーと呼ばれる部分に溜まっていて、メインジェットに針のようなニードルバルブが入っています。これが上下することでガソリンの量を調整します。
空気の量はスロットバルブと呼ばれるものが上下または開閉することでコントロールしています。最近の自動車はほとんど電気制御で行われているのですが、基本的な構造は変わらずガソリンの量と空気の量を調整しています。
ベンチュリーとは空気が流れる部分の内径が大きい部分から小さくすることでその吸気速度を上げる仕組みです。
安定した空気を吸引するためにも必要ですが、エンジンの排気量によってもその量を調整しなければなりません。大きな口径では空気量は多くなりますが、吸気速度が下がってしまうため混合気が薄くなってパワーダウンしてしまうことになります。
ベンチュリーによって口径を調整して吸気速度を上げて安定したエンジン特性を生み出すことになります。
燃料の量など電子制御となってきていますが、燃費やパワーを調整する役目を担っておりとても重要な役割なのです。

コメントは受け付けていません。