DOHCとSOHCの違いと比較

自動車のエンジンはレシプロエンジンと呼ばれるものが一般的に使用されています。これは燃料が軽油のディーゼルエンジンも同じ構造です。ほかにはロータリーエンジンと呼ばれるものもあります。
レシプロエンジンは大きくシリンダーヘッド、シリンダー、クランクルームというように分けられます。シリンダーヘッドにはバルブとプラグがついています。バルブから混合器を吸い、プラグで着火して排気するという仕組みです。
シリンダーにはピストンがあり、これが上下運動をすることで吸気、圧縮、膨張、排気を繰り返して回転運動を生み出します。ピストンにはコンロッドがついていてそれがクランクシャフトにつながっています。クランクルームではこのクランクシャフトが回転して駆動させるのです。
レシプロエンジンはシリンダーヘッドのバルブの数によってその性能が変わってきます。それはDOHCというダブルオーバーヘッドカムといい、シリンダーヘッドに吸気2つ、排気2つの合計4つのバルブがあるものです。これは吸気量、排気量がおおきく性能が高くなります。
SOHCというのはシングルオーバーヘッドカムといい、吸気、排気それぞれ1つの合計2つのバルブがあります。こちらへ性能は劣りますが燃費の面でよくなります。

コメントは受け付けていません。