SVってなに?かかせない車の用語

SVとはSideValve engineの略でバルブがエンジンの上部に配置されている現在のエンジンとは異なり初期の古いタイプのエンジンで採用されていた吸排気方式です。現在のエンジンはカムシャフトがエンジン上部の配置されており、シリンダー内部の圧縮圧をあげる事ができるように設計されていますが、古いタイプのエンジンではカムシャフトがクランクシャフトに近い位置に設置されており吸排気バルブも横に配置されていました。このようなエンジンでは余分の空間がどうしても必要となることから圧縮圧をあげることが出来ず、現在のようなエンジンの出力を出す事ができませんでした。このようなサイドバルブ方式の欠点を克服したのがOHCエンジンでクランクシャフトから離れた位置にカムシャフトを配置することでシリンダー内部の燃焼室を有効利用できるように圧縮圧をあげられる構造になりました。これは歯車だけでカムシャフトの回転を制御しようとした単純な構造で作られていたことが原因ですが、現在ではカムシャフトはチェーンなどで動力を伝えられている為にクランクシャフトから離れた位置に配置する事ができるようになりました。つまり、タイミングベルトはカムシャフトを離れた位置に設置するために使われています。

コメントは受け付けていません。